Pikimamaスリングとは

『ママの欲しい』を追求したこだわりいっぱいのPikimamaスリング

世界中から耐久性・機能性に富んだ生地と糸を厳選
★通気性の良いスポーツ用の生地をファッション用に改良した特別な生地をカナダから直輸入
★強く引っ張っても切れない強い糸を独自のルートでアメリカから輸入
★収縮性があるのに伸びきらないから形崩れしない生地

速乾素材でお手入れ簡単!
★洗濯機と乾燥機対応可
★ネットに入れて他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗える
★夜洗濯して朝までに乾く!

実際に使うママによってのアトリエ製作

★製作スタッフもみんなママ!自分達が欲しい・使いたいと思う物しか作りません♪

赤ちゃんがよく寝る抱っこ紐

★新生児から16キロまで長く使える
★お腹の中にいた時のような心地好さでよく寝てくれると評判Pikimamaスリング

Pikimamaスリング安全安心の理由

アメリカ安全基準ASTM取得
ASTM(American Society for Testing and Materials: ASTM International)とは世界最大級の民間規格制定機関、標準化団体、そして、米国試験材料協会です。PikimamaスリングはASTM指定の試験研究所で抱っこ紐の強度や安全性のテストをし、クリアしました。Pikimamaでは世界中のママが安心して使えるようにこちらの世界最大級の安全基準資格を取得しました。

大切な赤ちゃんの健やかな発育のために

Pikimamaスリングは国際股関節異形成協会公認の抱っこ紐国際股関節異形成協会は股関節異形成に苦しむ人々の健康と生活の質を改善するための国際的な非営利機関です。Pikimamaスリングは正常な股関節の位置を保ち、『股関節異形成や脱臼を引き起こさない抱っこ紐』としうて公式に認定されています。股関節の柔らかい赤ちゃんの健康の為にもPikimamaスリングは形にこだわり、正しいM字の抱っこができる抱っこ紐となっています。

日本製

Pikimamaスリングは一つ一つ心を込めて東京都内のアトリエで母親が製作しています。工場製作にはできない細かい安全性チェックやクオリティチェックに力を入れています。また、お使いいただく皆様が心地よく使用できるようにお直しサービスやカスタマーサービスなどにも力を入れております。

抱っこ紐育児の利点

新生児:お腹の中からPikimamaスリングへ
★柔らかい生地ですっぽりと包み込むPikimamaスリング
★新生児を横抱き・縦抱きと2パターンで赤ちゃんとママの好みで抱っこできる
★お腹の中にいた時の延長線のような心地良さでぐっすり寝てくれる
★ママが妊娠中にお腹の中で赤ちゃんの成長を感じ、また赤ちゃんもママの声を聞いて・心音を聞いて毎日過ごして築いた絆。パパも新生時期〜3ヶ月の赤ちゃんの身体が倍の大きさに育つ時期にPikimamaスリングで抱っこすることで同じ様な深い絆を築けます
★産後のママの体に優しい!
・帝王切開の傷に当たらない高い位置での抱っこ
・開いてしまった骨盤、下がってしまった内臓を押し付けない位置での抱っこ

6ヶ月:脳の成長

★心地よくぐっすり寝てくれるから起きている時の機嫌がいい
★抱っこにより環境体験が360度に広がる=脳刺激される
★ママのお顔の近くで言葉をよく聞く機会があるから言語習得が早い
★ママと同じ目線で色々見るから体験をシェアし、分かり合える様になる
★手ぶらでバレずに授乳ができるから楽々お出かけ
★よだれが凄い赤ちゃん・なんでも口に入れてしまう赤ちゃん!汚れても夜洗濯して朝乾くから清潔に使える

1歳:トコトコ歩きたい

★着けたままでも可愛いく邪魔にならないPikimamaスリング
・たくさん歩き回りたい赤ちゃんを追いかけまわしても邪魔じゃない
・急な抱っこにも対応できる
★公園とかで汚れてもすぐ洗濯できる

2〜3歳:魔の2歳の強力な助っ人!


★出先でのお昼寝、急な癇癪も軽量で荷物にならないPikimamaスリングでサッと抱っこ
★体重を分散して抱っこできる&サポートベルト使用で肩が楽

ECOエコロジー ZERO WASTEに取り組んでいます

世界中で毎年9000万トン辺りの生地や洋服が廃棄され、そのほとんどが焼却や埋め立てで処分され、深刻な環境問題となっております。アパレルなどの洋服廃棄だけではなく、洋服を作る際に出る生地の端切れなどもその環境問題の一つです。Pikimamaでは、どうやってスリングを作る際に端切れが出ない様に切れるか、出た端切れで何ができるかと常日頃工夫しております。そこでたどり着いたのが、Pikimamaスリングとお揃いの小物です。

親子でお揃いコーデを楽しめるだけでなく、環境汚染を防げて一石二鳥!と可愛いおむつカバー・ヘアバンド・帽子・キッズスリング等販売しております。また、通気性が良く速乾性のある生地を使用してのマスクやキッズのズボンなども大人気です。
これからは更に端切れZERO計画の一つとして、地域のコミュニティーセンターなどと一緒にワークショップで端切れアートなどのイベントを開催なども予定しております。

Pikimamaの歴史

2012年に長男を出産後抱っこ紐育児に魅了され、様々な抱っこ紐を試しました。全て良かったのですが、ゴツゴツしてたり・荷物になったり・巻くのが面倒だったりとコレ!と思える抱っこ紐に中々出会えなかった為、Pikimamaのスリングを作成しました。

そこから周りのママ達に「私にも作って!」と言われ、2013年に商品化を決意し、口コミでどんどん広がり今に至っています。なのでPikimamaスリングはこんな抱っこ紐があったらいいなぁと言う親の気持ちからできた、便利で使いやすい品物なのです。それに加え、抱っこで親子の絆を深めながらお洒落も楽しめる・親子リンクコーデを楽に出来るなど新感覚のアイテム。Pikimamaはまさにお洒落で楽チン洋服抱っこ紐✨